守り髪のトリートメントってどうなの?

髪や頭皮を保護するために、シャンプー後に様々な方法で、髪を手入れしますが、商品の役割や特長、又、髪や頭皮にはどんな成分が良いのか考えてみました。

シャンプーの後、髪の保護や補修のために、リンスやコンディショナー、トリートメントなどがありますが、それぞれに意味や役割があります。
リンスは、洗った髪を柔軟にするために薬剤などの入った水などですすぐ事を言います。
コンディショナーは、傷んだ髪の状態をよくするための薬剤又は化粧品の事です。
トリートメントは、髪の保護、特に傷んだ髪の手当てをして保護する事が役割です。
髪や頭皮に、何らかの異状を感じている人は、今のシャンプーの後に使用しているリンスやコンディショナーを見直してみてはいかがでしょうか?
髪のダメージを改善するためには、リンスやコンディショナーだけではなく、トリートメントが有効な手段です。
守り髪のトリートメントもシャンプーと同じ成分の、アミノ酸、ケラチンなどの成分が含まれていて髪を柔軟にし、ハリコシを与えてくれます。
傷んだ髪を優しく包むように、髪の内側から水分や栄養分を補修してくれる働きがあり、水分を内側から補修ことにより、髪がつややかになる効果が生まれます。
そんなトリートメントは、バランスよく有効な成分を配合して、髪を補修・保護し、なめらかな仕上がりで多くの人に評価されています。
カットやパーマ、髪を染めた後はどうしても髪の毛はダメージを受けてしまいます。そんな時はトリートメントが必至です。
多くの美容師は、髪の手入れの後にはアミノ酸系のトリートメントを使用しています。
トリートメントは、かなり有効なヘアケアですが、リンスやコンディショナーに比べると高価なため、毎日となると金額がかさみます。
とはいえ、美容室を利用する事を考えれば、自宅でトリートメントする事は手軽な金額で、出来るヘアケアです。
使用する回数が週に1~2回でも十分効果は上がると思います。

アミノ酸系シャンプー守り髪と、トリートメントを併用する事で、髪を補修・保護し、元気でなめらかな仕上がり効果が、実感できると思います。
是非一度試してみてはいかがでしょうか。