守り髪の解析をしてみたよ!

日頃使っている、シャンプーやトリートメントなどの成分について、どんな働きがあるのか考えてみたことがあるでしょうか?
今回、アミノ酸系シャンプー守り髪に、配合されている成分について解析してみました。

成分内容を見ると洗浄力がかなり強いと思わせる成分配合ですが、実際には計算されていて、若干強めの洗浄力で抑えられています。
主成分のオレフィン(C14-16)スルホン酸Naは、洗浄力が強く泡立ちの良い界面活性剤です。
これほど洗浄力が必要かなと思いますが、他の洗浄成分と育毛成分との組み合わせで、程よい仕上がりを目指しています。
アミノ酸系シャンプー守り髪の最大の特長は、加水分解ケラチン・加水分解シルク・加水分解コラーゲンなどの、ダメージ補修と保水力の保持です。
傷んでしまった髪の集中補修と、頭皮や髪に水分保持するので、保湿成分としての役割があります。
また守り髪は、評判のノンシリコンシャンプーです。
ノンシリコンの特長は、シリコンを含んでいないので、髪への負担がほとんどないと言われています。
ダメージ補修と栄養分を、きちんと髪の内部まで浸透するようにできていますので、髪の毛の健やかな成長を促してくれます。
ただ、ノンシリコンシャンプーにもデメリットがあって、シャンプー後の髪の仕上がりが、パサつく、まとまりがあまり良くない場合があります。
そんな時には、トリートメントの成分、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHClや、ラノリンが髪や頭皮にハリやコシを与え皮膚を柔軟にしてくれます。
また、配合されている成分のアルガンオイルに含まれている、トコフェロールは美肌成分として注目されています。
アミノ酸系シャンプー守り髪と、トリートメントを併用する事で、色々な髪の悩みを抱えている人に、髪本来の健康的な美しさを取り戻してくれるはずです。

市販のアミノ酸系シャンプーや、トリートメントが最近増えてきていますが、成分内容や使用方法等、まだまだ周知されていないことが多いと思います。
アミノ酸系シャンプーの守り髪は、多くの人から支持されていますので、安心してご案内ができます、是非一度試してみてはいかがでしょうか。