守り髪の成分について詳しく知りたい人へ

買い物をする時に、製品の成分について気にするケースは、衣類や食品といったものです。
それ以外は気にすることは少ないと思いますが、今話題のアミノ酸系シャンプー守り髪の配合成分を見ていきましょう。

アミノ酸系シャンプー守り髪に、配合されている洗浄成分として、表示されている成分は次のようなものです。
オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、ココアンホ酢酸Naなどの成分で合成されています。
原材料としては、ヤシ油などの一部天然由来の成分を配合して作られる界面活性剤とコンブなどの海藻類に含まれるアミノ酸のグルタミン酸を掛け合わせた成分です。
主成分の、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、は刺激性のある合成界面活性剤として知られており、ここまで強い洗浄力が必要か疑問はあります。
その為、アミノ酸系洗浄成分中でも低刺激なココイルグルタミン酸TEAなどの成分と合成して洗浄力のバランスを取っているようです。
育毛成分としては、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、加水分解コラーゲンなどが主成分として挙げられ、守り髪の名前の由来である、髪と頭皮守る成分を含んでいます。
いずれも、界面活性剤ではなく、蚕の絹繊維、毛髪や表皮の角質層、爪や蚕の絹繊維、豚の骨、皮やタラ、オヒョウ、ヒラメ皮などの成分を加水分解したものです。
安定した成分で、浸透力が高く・保湿効果があり・皮膚や毛髪に対して親和性が高く、市販のシャンプーには使用できない、高価な成分を配合しています。
その他の成分として、アルガンオイルに含まれるトコフェロールは、ビタミンEの抗酸化力で皮膚を癒す力があり、美肌効果が期待できます。
その他に見逃せないのが、トリートメントの成分で、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱ、といった3種のセラミドなどで構成されるナノリペアーCMCです。
保湿力が高く潤いを保って傷んだ髪を治す効果があります。
最後になりますが、香料とありますがアンティークローズの香りです。
アミノ酸系シャンプー、守り髪の使用後に必ず出てくる感想に、香りで癒されると評価されることです。

 

アミノ酸系シャンプー、守り髪の成分の特長として、育毛成分の加水分解成分、トリートメントに含まれるナノリペアーCMCなど、徹底して髪にやさしい成分で構成された商品といえます。